ドラマ

ドラマ【シャーロック】シーズン2のネタバレあらすじ感想!込められた意味や評価、ラスト結末を解説

スポンサーリンク
びんちゃん
びんちゃん
ドラマ便で~す♪
エブリマイト
エブリマイト
ハロー!@エブリマイトだ。

今日、紹介する作品は・・・
ドラマ【シャーロック】シーズン2だな。

ぜひ最後まで読み進めて、込められた熱い想いを感じとってくれ!

あらすじからネタバレまで丸わかり!

 

ドラマ【シャーロック】シーズン2は、

90分で本格ミステリーを楽しみたいとき

海外ドラマを一気見したいとき

イギリスに行った気分になりたいとき

にオススメのドラマです!

スポンサーリンク

海外ドラマ【シャーロック】シーズン2 予告動画

まずは予告動画をご覧ください

 

この記事を読めば、ドラマ【シャーロック】シーズン2が

どんな話なのか?
どんな想いが込められているのか?

など大まかな流れを知る事ができます。

 

ですので、本記事では、

  • 公開日・ジャンル
  • 原作・脚本
  • 主演・キャスト
  • ドラマ【シャーロック】シーズン2のあらすじ
  • ネタバレ感想
  • ココを見逃すな!見どころ、絶対見るべきシーン
  • ラスト結末は?
  • 込められた想いや意味
  • 評価とその理由

これらを順番にお話ししていきますね。

途中、ネタバレがあるのでご注意を。

海外ドラマ【シャーロック】シーズン2 公開日・ジャンル

ドラマ【シャーロック】シーズン2
© Hartwood Films 2012

公開日:2012/07/22
ジャンル:ミステリー、ドラマ

海外ドラマ【シャーロック】シーズン2 原作・脚本・著者

  • 監督:ポール・マクギガン、トビー・ヘインズ
  • 原作:アーサー・コナン・ドイル
  • 脚本:マーク・ゲイティス、スティーブン・モファット
  • 製作総指揮:マーク・ゲイティス、スティーブン・モファット

海外ドラマ【SHERLOCK】シーズン2に登場する主演・キャスト

  • シャーロック・ホームズ:ベネディクト・カンバーバッチ
  • ジョン・ワトソン:マーティン・フリーマン
  • グレッグ・レストレード:ルパート・グレイブス
  • マイクロフト・ホームズ:マーク・ゲイティス
  • アイリーン・アドラー:ララ・パルヴァー
  • ハドソン夫人:ユーナ・スタップス
  • モリー・フーパー:ルイーズ・ブリーリー
  • フィリップ・アンダーソン:ジョナサン・アリス
  • サリー・ドノヴァン:ヴィネット・ロビンソン
  • ジェームズ・モリアーティ:アンドリュー・スコット

では次に「あらすじ」を見ていきましょう!

スポンサーリンク

海外ドラマ【SHERLOCK】シーズン2のあらすじ

ドラマ【シャーロック】シーズン2
© Hartwood Films 2012

<1話 ベルグレービアの醜聞>
物語はシーズン1のラスト、プールサイドでのモリアーティとの対峙から始まります。

絶体絶命なシャーロックとジョンでしたが、モリアーティに電話が入り、モリアーティが去ったことで危機を逃れました。

そして、それからシャーロックは退屈で仕方ありません。

事件の解決を求め依頼人が221Bに訪れますが、シャーロックの興味をそそるような事件はなかなか無いのです。

そして、シャーロックが解くことになる謎は3つ。
一つはレストレードからの依頼で
墜落した飛行機に乗っているはずの人が、車のトランクから死体として発見された事件です。

二つ目は依頼人からの相談で
立っていた人が遠くにある車がエンストした後、後頭部殴打で死んでいた事件です。
ワトソンを現場に向かわせます。

三つ目はマイクロフトからの依頼で、
王室関係者との写真があると言ってきたアイリーン・アドラーという女性の調査です。

シャーロックは全て解決出来るのでしょうか?

 

<2話 バスカヴィルの犬(ハウンド)>
次にシャーロックの元に舞い込んだ依頼は
研究所から逃げた魔犬に父親が殺されたという男性のものでした。

ロンドンを離れ、田舎町でシャーロックとジョンのコンビが奮闘します。

 

<3話 ライベンバッハ・ヒーロー>
依頼人も増え、メディアへも露出するようになり、たちまち有名人になっていくシャーロック。

ちょうどその頃、天敵モリアーティはシャーロックを陥れるための行動を始めていたのでした。

 

ここからはドラマ【シャーロック】シーズン2のネタバレになります。

まだご覧になっていない方、ストーリーの内容、ラスト、結末を知りたくない方はご注意ください。

海外ドラマ【シャーロック】シーズン2のネタバレ感想

ドラマ【シャーロック】シーズン2
© Hartwood Films 2012

シャーロックのシーズン2は1話1話のクオリティがとにかく高いです。

原作も有名な話ばかりで見応えがあり、有名な原作をこんな風にアレンジしているのかと感心してしまいます。

また、たくさんの依頼人がシャーロックの家に訪れているという設定から、多くの伏線が貼られており、ワンシーンも見逃すことが出来ません。

中でも1話、ベルグレービアの醜聞は秀逸で、複数の謎が一気に解決するラストに思わず拍手してしまいそうになりました。

ベルグレービアの醜聞ではアイリーン・アドラーを追う話が中心になっていきますが、アイリーンがシャーロックに出した問題の答えが、はじめにレストレードからされた依頼と繋がっていたことが分かります。

それが死者のフライトです。

爆弾テロが起きる飛行機を知っていながら政府がわざと、死者を搭乗させ飛ばせようとしていたのです。

この死者のフライトに乗り損なったのが車の中で発見された遺体でした。

2話の光るウサギも、全く関係ないと扱われていながら、実は魔犬に関する動物実験につながっていました。

このように、随所に伏線が散りばめられており、シャーロックが早口で説明し解決していく展開がスカッとするのです。

ミステリーとして、楽しめるシリーズでした。

スポンサーリンク

ここを見逃すな!見どころ、絶対見るべきシーン

<I AM ○○○○ LOCKED> 〜ベルグレービアの醜聞〜
アイリーン・アドラーの全てが詰まった携帯電話のパスワード。
自宅の金庫のパスワードをすぐに解いたシャーロックでもどうしてもこの4桁が分かりません。

そして、ラストシーン。
ついにシャーロックがその暗号を開きます。

”I AM SHER LOCKED”

シャーロックに惚れたアイリーンはどうしてもこのパスワードにせざるを得なかったのでした。

強く美しいアイリーンですが、恋する乙女な一面にキュンとしました。

そのシャーロックによって、パスワードが開かれ悲恋に終わるかと思われましたが、
処刑されそうなアイリーンをシャーロックが助けに行った場面があり、結ばれることはないものの二人の他とは違う関係にグッときました。

 

<I O U> ~ライベンバッハ・ヒーロー〜
原作で、シャーロック・ホームズとジム・モリアーティはライベンバッハの滝に共に落ちていきます。

これを現代版にアレンジしたのがライベンバッハ・ヒーローです。

シャーロックがライベンバッハの滝の絵を取り戻したことからライベンバッハ・ヒーローと言われていることにこのタイトルは由来します。

ちなみに原題では“The Reichenbach Fall”です。

Fallは滝や落下という意味で
二人が落ちたライベンバッハの滝と、
ライベンバッハ(ヒーロー)が落ちる

という意味がかけられています。

この先に詳しく書きますがシャーロックがどうして“落ちて”しまうのか見どころです。

ラスト、結末は?

モリアーティの策略によって、追い詰められるシャーロック。

決着は病院の屋上に持ち込まれます。

モリアーティは言います。

シャーロックがこの場で自殺しなければ友達が死ぬと。
友達とは、ジョン、レストレード、ハドソンさん。

シャーロックは一つの可能性に気付きました。
モリアーティがいる限り、解除できる方法はあると。

しかし、モリアーティは自ら銃で頭を撃ち抜き自殺します。
シャーロックにはもう手がなくなるのでした。

病院へと駆け付けるジョン。
その屋上の端にシャーロックが立っていました。

シャーロックへとつながる電話。
シャーロックは、モリアーティは自分の創作であると告げ、ジョンの目の前で飛び降ります。

シャーロックが自殺したことで殺し屋たちは帰って行きました。

シャーロックの墓の前、墓参りをするジョン。
泣きながらシャーロックに語りかけるジョンでしたが、その木陰にはシャーロックが立っているのでした。

もちろんジョンはそんなことなど知らず。

スポンサーリンク

Season2に込められた想いや意味とは?

<人々の猜疑の心が人を狂わす>
シャーロックを自殺へと追い込んだのは何だったのか。
それはモリアーティです。

モリアーティが何をしたのか。
彼は人々の心を利用しました。

シャーロックをはじめに疑ったのはレストレードの同僚、ドノヴァンとアンダーソンです。
人々の心の中に宿った疑心はその心の中でむくむくと増殖し、拭い去ることが出来ません。

もし、彼らがシャーロックを信じていれば、人々がモリアーティはシャーロックの創作だという記事に踊らされなければシャーロックの自殺は起きなかったでしょう。

モリアーティは、それを利用してリッチ・ブルックという役者まで捏造します。
その場面はアンドリュー・スコットの演技も相まり、視聴者でさえも本当なのでは無いかと勘違いしてしまうほどです。

シャーロックは人とはかけ離れた頭脳の持ち主で、人間離れしており、シャーロックなら自分の頭の良さを示すためにわざと悪役を作り出すことだってありえるかもしれない。

確信はなくても、何かそんな考えがよぎってしまうのです。

真実もわからず、人を疑ってしまうこと。

それがどれほど危険なことか私たちは自覚しなければいけません。

真実なのか、嘘なのか。
分からないのにそう信じ込むことは真実を破壊します。

そんなメッセージを含んでいるのです。

 

それでは、こちらの作品の評価に移りましょう。

ドラマ【シャーロック】シーズン2は星いくつでしょうか・・・?

海外ドラマ【シャーロック】シーズン2の評価と理由

評価 ★★★★★5/5

評価は、星5つです!

その理由は、

完成度の非常に高かったシーズン1の期待を上回る作品だったからです。

シャーロックとワトソンのコンビ、そしてそこに絡むモリアーティとの関係、レストレードやモリーとの仲。
全てがパワーアップしていました。

やはりこのシリーズの肝はモリアーティです。
シャーロックと対峙するのに十分な魅力と迫力を放っていました。

このシリーズ唯一の失敗は、モリアーティが良すぎたところだとも言えます。

彼は自殺するというラストを選んだため、彼を超える悪役を作らなければならないからです。

物語はシーズン3へと続きます。
シャーロックはなぜ生きていたのか。視聴者に推測させるラストも秀逸です。

また次のシリーズへと期待に胸が膨らむのです。

 

これらの点から独断と偏見で星を5つ付けさせていただきました!

海外ドラマ【シャーロック】シーズン2を観たくなりましたか?

いかがでしたか?

今回はドラマ【シャーロック】シーズン2のあらすじ、ネタバレについてご紹介いたしました!

このドラマに興味を持った方はぜひ実際にご覧になってくださいね。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

あわせて読みたい
ドラマ【シャーロック】シーズン1
ドラマ【シャーロック】シーズン1のネタバレあらすじ感想!込められた意味や評価、ラスト結末を解説 あらすじからネタバレまで丸わかり!   ドラマ【シャーロック】シーズン1は、 90分で本格ミステリーを楽しみた...
あわせて読みたい
ドラマ【シャーロック】シーズン3
ドラマ【シャーロック】シーズン3のネタバレあらすじ感想!込められた意味や評価、ラスト結末を解説 あらすじからネタバレまで丸わかり!   ドラマ【シャーロック】シーズン3は、 90分で本格ミステリーを楽しみた...

written by nemaru

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でエブリマイト@映画便をフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です